並の営業マンでもどんどん売れる仕組み作りにチャレンジするブログ

顧客との接点を増やす!!~コンテンツ編~

Posted by コウキ on 2015/06/22 10:45:00

読者のみなさん。こんにちは!!
コウキです。

今回は、『顧客との接点を増やす方法』について、
具体的にコンテンツの作り方をお話しようと思います。

Hubspot-mtg

以前、ペルソナの重要性をお話ししました。

出来る限り細かくターゲット(ペルソナ)を設定し、
そのペルソナに合ったコンテンツを用意することが出来れば、
自ずとお客様から接触してくれます。

ただし、コンテンツ作成において、
注意しなければいけない点があります。

それは、商品・サービスの宣伝をしないこと

せっかくお客様の方から接触してくれたのに、
商品・サービスしかかかれていなければ、
「何だよ。宣伝かよっ!!」となり、
お客様はその時点で離れていってしまいます。

読者のみなさまからは
「じゃあ、どうすればいいの??」、
「何を用意すればいいの??」と、
ツッコまれそうです(笑)

読者の方がお客様に住宅を買ってもらいたい場合、
例えば、用意すべきコンテンツテーマは以下のようなものです。

・消費税増税への影響
・変動金利と固定金利
・失敗しない住宅選び
・住宅購入における○○ステップ
・自社の強み
・他社との差別化

など

いかかですか?
決して商品・サービスを全面に押し出してはいませんよね?

今一度、今回のテーマを考えてみたいと思います。
今回のテーマは、『顧客との接点を増やす方法』です。

まずは自社に興味をもってもらうことです。
インバウンドマーケティングの基本は、お客様に自社サイトを訪問してもらうことです。
上記のようなテーマのeBookを用意し、
ダウンロードさせるときに顧客の情報を入手します。

一度訪問してもらい、お客様に有用な情報を提供できれば、
お客様は必ず自社のことを覚えていてくれます。

ただし、慈善事業ではないので、一度訪問してもらって終わりでは困ります。
自社サイト訪問後、一定期間を空けて、
更なる有用情報を提供したり、メール等でイベントに案内したり、
その後の導線を作る必要があります。

いわゆる、ナーチャリングです。

オンラインを中心に、見込み顧客に対して多様な情報を提供し、
自社の商品やサービスに関心を持ってもらい、購入、契約へとつなげるのが狙いです。
特にBtoB商材では、単価が高く、購入決定までに長期間を要するため、
商談率や成約率を高めづらいのが実情である。こうした問題を解消しようと、
ナーチャリングに取り組む企業が増えています。

Hubspot-zubarisol

次回は、ナーチャリングについて、もう少し深く、考えていきましょう。

こちらも合わせてどうぞ!

『トップ営業に頼らない  営業力アップの9つの秘訣』

 

eBook無料配布中!

トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣

   

ブログ更新をお知らせします!