並の営業マンでもどんどん売れる仕組み作りにチャレンジするブログ

営業力アップにマーケティングオートメーションは必要不可欠!?

Posted by コウキ on 2015/06/12 7:00:00

こんにちは、コウキです。

前回は、「潜在顧客の発掘!効果のある集客方法とは」というタイトルで、ウェブサイトにおける検索キーワードの重要性について書きましたが、今回は、ツールを有効活用した営業力アップ方法について書いてみます。

d4bb2aa2642363875ff795951e57fcaa_l営業力アップというと、個々の営業マンの営業力を向上させる(=結果的に営業部門、組織全体の営業力が向上する)イメージが強いですが、なかなか全てのスタッフの営業力を一律に向上させる事は難しいと思います。

多くの企業が、一部のトップ営業マンをお手本に、他の営業スタッフを教育したり、互いに競争させたりしながら、営業力向上をはかっているのではないでしょうか

トップ営業マンのマネをする事で、成果を上げられるスタッフは良いですが、そういったスタッフばかり採用できれば苦労はしません。

ただ、普通の営業マンでも、確度の高い(見込み度合いの高い)お客様相手であれば、受注率は高くなるのではないでしょうか?

「確度の高いお客様」と簡単に接点を持つことが出来れば、受注率が上がり、営業力がアップしたということになります。

しかしながら、「確度の高いお客様」と簡単に接点を持つ事は簡単ではありません。

そこで、ブログのタイトルにもあります、「マーケティングオートメーション」の出番です。

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_lマーケティングオートメーションに関する詳細な説明は長くなりますので、順次本ブログでも紹介していきますが、簡単に書きますと、「潜在顧客を見込み客化し、見込み客の興味度合いを高めてくれる仕組み」です。

ウェブサイト上での潜在顧客の獲得から見込み客への転換見込み客を育成し、興味度合いの高める..といったマーケティング/営業フローを自動化するツールが、マーケティングオートメーションツール」です。

マーケティングオートメーションツールの主な機能をみてみましょう。

  • ブログ/SNS投稿
  • Eメール配信
  • ランディングページ作成
  • リードスコアリング(見込み度合いの見える化)
  • ワークフロー(見込み度合いに応じたコンテンツ提供)

   ※上記機能が搭載されていないマーケティングオートメーションツールもございます。

以上、ウェブサイトにアクセスを集める機能から顧客を育成する機能まで、1つのシステムに集約され、各機能が連携して動作する事で、サイトに訪れた顧客1人1人の見込み度合いを計測し、その見込み度合いに応じたコンテンツを自動的に提供することで顧客の興味・関心を高め、「確度の高いお客様」を増やす事が可能になっています。

一部のトップ営業マンに頼るのではなく、普通の営業スタッフでも成果を上げ易い仕組みの実現のため、ツールの活用を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

※7月6日(月)に本記事に関連したセミナーを開催しますので、よろしければ、ご参加ください!

セミナーの詳細はこちら  


 

※eBook「トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣」配布中です!

 

『トップ営業に頼らない  営業力アップの9つの秘訣』

 

eBook無料配布中!

トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣

   

ブログ更新をお知らせします!