業務軽減 Excel ExcelVBA Java C# プログラミング

「届いていない!」「提示したくない!」に困った!!

Posted by えいちゃん on 2015/12/28 7:38:53

えいちゃんです。

年末.jpg

年末の〆でバタバタされていると思います。

年末調整無事乗り越えましたか?

弊社のお客様の中でも、今回のブログタイトルのような事になったケースがありました。

"転ばぬ先の杖"です。今年の最後のプログとして参考になにればと思い記載しました。226466.jpg

1.「届いていない!」場合

まだ郵送中
→現時点でその可能性はかなり低いです。
 念のため、その方の役所に問合せても良いかと思います。
 または、下記プログを参考にして検索し確認して下さい。

◯例外の方だった
→例外として下記の対象者の場合は送られません。
 ・外国積で中長期に在留している方、または特別永住者以外の方。
 ・海外転勤の方。日本で住民登録していない方。

◯何らかの理由で受取なかった。
→これが殆どだと思います。
 ・不在で簡易書留を受取れなかった。
 ・簡易書留ご不在連絡票を紛失してしまった。または、期間迄に郵便局に取りにいけなかった。
 ・住所変更をしていなかった
 ・不在連絡票を紛失した方、郵便局の保管期間が過ぎてしまった方・・・。

自治体に返送されている場合が高い為、一度自治体に問合せさせましょう。
保管期限3カ月超過した場合は一旦破棄する可能性もあります。
ただし、マイナンバーの番号自体も破棄されることはないので再発行は可能だそうです。(別途手数料が必要[自治体へ要確認]) 

 

紛失.jpg

◯それ以外の既に無くしてしまった場合。
個人番号カードコールセンター(0570-783-578)に電話し、番号停止をする。
職場へ紛失の報告をし、対応の指示を受ける。


【番号の再発行】
住民票登録している自治体に再発行の手続きをします。(別途手数料が必要[自治体へ要確認])

拒否.jpg
2.番号提示拒否されてしまった場合

既に、従業員より「提示できない」と拒否された方いるようです。
該当のケースの対応について、政府よりガイドラインがあります。

源泉所得税関係に関するFAQ
http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/FAQ/gensen_qa.htm

(1)扶養控除等申告書関係
Q1-18?従業員から個人番号の提供を拒否された場合、どのように対応すればよいですか。

(答)
個人番号の記載は、法令で定められた義務であることを説明し、提供を求めてください。
それでもなお、提供を受けられない場合は、提供を求めた経過等を記録、保存するなどし、単なる義務違反でないことを明確にしておいてください。
なお、平成27年12月以前に扶養控除等申告書の提出を求める場合には、法令上、当該申告書には個人番号の記載義務がありませんので、個人番号の提供を拒否された場合であっても、その経過等を記録する必要はありません。


「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」及び「(別冊)金融業務における特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」 に関するQ&A(平成26年12月11日)(平成27年10月5日更新)
http://www.ppc.go.jp/legal/policy/faq/

4:個人番号の提供の要求
Q4-6 従業員や講演料等の支払先等から個人番号の提供を受けられない場合、どのように対応すればいいですか。

A4-6 法定調書作成などに際し、個人番号の提供を受けられない場合でも、安易に個人番号を記載しないで書類を提出せず、個人番号の記載は、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務であることを伝え、提供を求めてください。
それでもなお、提供を受けられない場合は、提供を求めた経過等を記録、保存するなどし、単なる義務違反でないことを明確にしておいてください。
経過等の記録がなければ、個人番号の提供を受けていないのか、あるいは提供を受けたのに紛失したのかが判別できません。特定個人情報保護の観点からも、経過等の記録をお願いします。
なお、法定調書などの記載対象となっている方全てが個人番号をお持ちとは限らず、そのような場合は個人番号を記載することはできませんので、個人番号の記載がないことをもって、税務署が書類を受理しないということはありません(国税庁ホームページ「法定調書に関するFAQ」(Q1-3)参照)。(平成27年10月追加)

まず、拒否されたは場合は法律により提示は義務だということを明確に伝えましょう。
その上で、企業側の対応として拒否された内容を日付とともに、記録/管理しまする
監査時に企業として、しっかり対応しようとした事実を提示し、
管理運営においての義務を怠ったことではないと回答できるようにしましょう。
紛失時も同様に経過等も記録保管しましょう。
紛失理由が個人が無くしたのか、または会社の保管過程で紛失してしまったのを判断する必要があるからです。

【最後に】

いかがでしたでしょうか。事前に認識だけでもしておいて損はありません。
尚、政府からの正式コメント「書類の提出先の機関の指示に従ってください。」となっていますの
で、実際に発生した時点で、問合せることが最良かい思います。
下記イベントも含め、来年も引き続き宜しくお願い致します。

 

ebookやマイナンバーに関わるサンプル

マイナンバー制度への対応に関する eBook(小冊子)をダウンロードする

手っ取り早い方法として
対策セミナーを活用するのも短期勝負には良い方法かと思います。
短時間で実践的な対策方法を習得できる数少ないチャンスと思いますので、奮ってご参加下さい

『マイナンバー対策講座~実践編~』の詳細を見る

 (セミナー受講後、すぐに実践できる規程・雛形等が収録されたバインダー付き

家族.jpg

Topics: マイナンバー, セミナー, イベント, コールセンター, ヘルプデスク, 困った

 

eBook無料配布中!
新規CTA

マイナンバー対策講座
~実践編~

  • 個別相談形式
  • すぐに使えるバインダー付き
  • 随時開催

詳細・お申し込みはコチラ

   

ブログ更新をお知らせします!