業務軽減 Excel ExcelVBA Java C# プログラミング

【マイナンバー制度関連情報】自治体側のマイナンバー制度動向について

Posted by 和樹 on 2015/10/06 1:22:00

こんにちは、カズキです。

これまで、マイナンバー制度の対応など利用者側の立場で、ブログを多く掲載してまいりました。

では、逆の立場である活用する自治体側について、最近ニュースがいくつか見受けられたので今回は、その点について纏めたいと思います。

d37e228576c5416ba2c0e8b5e80663df_s

日本経済新聞 9月18日
【東京・日野市、証明書をコンビニ交付 マイナンバー活用】
●参照サイト
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91862080X10C15A9L83000/


[要約コメント]
東京都の日野市はマイナンバーカードの利用方法として、コンビニエンスストアでの住民票の写しなど各種証明書を交付するサービスを始めるそうです。


≪対象≫住民票写し、印鑑登録証明書、課税・非課税証明書、戸籍謄・抄本。
≪コンビニ≫セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマートの国内全店舗に設置している複合機に
カードを接触させることで利用できるそうです。
また、利用時間も午前6時半~午後11時と便利になりそうです。

今回の内容についてのデメリットは、

  • コンビニ交付に伴う費用(5年間)はシステム改修費の負担や同使用料などで計9750万円の税金が使われます。
  • 盗難などカードを悪用されると、上記で記載した証書はコンビニで機械的に取得されてしまうことです。
 利用方法などのについては、よく吟味したいですね。

 

43a46ecf0edb0beca2d2712237d78827_s

 

毎日新聞 9月20日
【マイナンバー:カード配布に顔認証 市区町村へ導入】
●参照サイト
http://mainichi.jp/shimen/news/20150920ddm003010135000c.html

[要約コメント]
 来年1月からの個人番号カードの配布時に、申請した本人かどうかをカメラで撮影して確認する「顔認証システム」が、
全国約1700の市区町村に導入される。とのことです。

本人になりすまして取得する行為に対しての対策のようです。
ただ、記事にもありましたが本人の顔を撮影されることに抵抗を感じる方は、多いと思います。

 総務省のカード配布手順について下記内容を市区町村に通知する予定のようです。
 ①対面目視による確認が基本。
 ②本人かどうか疑問が生じた場合、顔認証システムを使う。
 ③顔認証を本人が拒めば、カードを交付しない可能性もある。
 ⇒拒んでも発行するケースや、本人の信憑性についても抜け道がありそうです。
  今後、運用されるまでいろいろ取り決められるかと思います。
  
 想定される流れ
 ①10月以降、「通知カード」が各世帯に届く。
 ②同封されている個人番号カードの申請書に顔写真を添付して郵送などで提出
 ③来年1月から市区町村でカードを受け取れる
 ④自治体担当者は、届いた顔写真をスキャナーで読み取りデータ化する。
  …手作業だと大変です。ミスが発生しない手順を確定してほしいものです。
 ⑤顔認証システムを使う場合は、
  当日にカメラで撮影したデータと顔写真との類似度が、端末の画面に数値で示される。
  担当者はこれを参考にカードを交付するかどうか判断する。
  …ここでも担当者判断です。システム的には効率的かもしれませんが、担当者にとっては何らかの負荷はありそうです。

 

 最後に・・・。
 役所の担当側にも顔認証を導入すると自治体がありました。
  http://japan.zdnet.com/article/35070523/
 山梨県甲州市は、マイナンバーを扱う全ての端末約160台に顔認証を導入することを決定したとのことです。
  このことにより、不特定多数で利用してきたシステムに、アクセス履歴が残ることになり不正抑止に繋がるでしょう。


弊社では、『マイナンバー対策講座~実践編~』と題して、企業におけるマイナンバー制度への対策講座を随時実施しています。
講座修了後、すぐに対策が実施出来るよう、マイナンバー制度対応の手順や各種規程の雛形をまとめた「マイナンバー制度 実務ガイド」をお持ち帰りいただけますので、是非、ご参加ください。

『マイナンバー対策講座~実践編~』の詳細を見る

Topics: マイナンバー

 

eBook無料配布中!
新規CTA

マイナンバー対策講座
~実践編~

  • 個別相談形式
  • すぐに使えるバインダー付き
  • 随時開催

詳細・お申し込みはコチラ

   

ブログ更新をお知らせします!