業務軽減 Excel ExcelVBA Java C# プログラミング

【マイナンバー制度関連情報】マイナンバー 通知カードの受け取りに注意 (病院・介護施設など)

Posted by 和樹 on 2015/10/13 11:08:00

『入院施設や介護施設の マイナンバー 通知カードの対応についてのニュース』

こんにちは、カズキです。

今回は、病院や介護施設での受け取りについての内容です。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s
●参照サイト
新潟日報 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20151001208641.html


 マイナンバー、病院・施設に戸惑い。

  10月から個人番号の通知カードが送られる。入院患者や施設入所者はカードが病院や施設に届くこともあり、個人情報を扱うことになる施設からは「抵抗感がある」「どう対応すればいいのか」といった戸惑いの声が上がっている。


<コメント>

 

 マイナンバー 通知カードは住民登録してある住所に簡易書留で送付される。基本本人・家族が受け取ることになっているが、入院患者や施設入所の場合、職員が預かり本人に渡すケースがあるようです。

 


 ※住民票が自宅で1人暮らしの長期入院・入所者は市区町村に申請すれば病院・施設で受け取れる特例が設けられている。
    自治体に御確認いただければと思います。

 
【参考記事】
日本経済新聞 10/2
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H0S_S5A001C1EAF000/


マイナンバー、通知受け取りの特例申請を継続

139538

 

 

 高市早苗総務相は2日の閣議後の記者会見で、社会保障と税の共通番号(マイナンバー制度 )の番号通知カードについて、住民票の住所以外でも受け取れる特例措置の申請受け付けを、5日の各世帯への発送開始以降も続けると発表した。東日本大震災の被災者やドメスティックバイオレンス(DV)の被害者で現在避難先にいる人、高齢者施設の長期入所者らが対象。
 住民票のある自治体に申請すれば、住民票の住所地でなくても通知カードを受け取れる。当初の申請期間だった9月25日までの1カ月間、申請は約26万4000件にのぼった。


 現場サイドは、受取担当者を固定化したり、本人への手渡時は複数人で立ち会うなど対応を進めているケースもあるが、患者、または入居者自身の体調等で受け渡しが困難なケースの場合は、家族が取りに来て欲しいとのこと。
 実際問題として紛失もあるため郵送などは難しいのだろう、その辺りは制度として正式な詳細規定もなく、対応については"現場まかせ"の状態。今後問題になるかもしれません。
 みなさんの中でも、近しい方が入院・入所されている場合、少し気にしてあげると良いかと思います。

 

現在、様々なセミナーが開催されていますが、マイナンバー制度への対応についてこれから準備を進められる企業の方々向けに当社では、マイナンバー制度対策講座を開催しております。
本講座受講後、すぐに対策が実施出来るよう、マイナンバー制度対応の手順や各種規程の雛形をまとめた「マイナンバー制度 実務ガイド」をお持ち帰りいただけます。

 

『マイナンバー対策講座~実践編~』の詳細を見る

 

短時間で実践的な対策方法を習得できる数少ないチャンスと思いますので、奮ってご参加下さい。

引き続き当ブログのご愛読、宜しくお願いします。

 

 

Topics: マイナンバー

 

eBook無料配布中!
新規CTA

マイナンバー対策講座
~実践編~

  • 個別相談形式
  • すぐに使えるバインダー付き
  • 随時開催

詳細・お申し込みはコチラ

   

ブログ更新をお知らせします!