業務軽減 Excel ExcelVBA Java C# プログラミング

個人番号(マイナンバー) 知らないところに記載されてませんか?

Posted by 和樹 on 2015/10/28 17:19:02

 こんにちは。カズキです。

 10月に入り、個人番号の通知カードが届いた方もいらっしゃるかと思います。
ブログでも依然に記載しましたが、自治体によっては届く時期に違いがあるようです。
届くまで、暫くはポストのチェックをお忘れなく
因みに、私はまだ届いていませんが…。

 

0569bf22b18b039da73b78a647f0f89c_l


 今回は、『自身で行う、目視確認の重要性』について書かせて頂こうと思います。

これまで通知カード等の、管理の重要性についてお話してきました。
(例)
・他人に番号を教えない。
・届いた通知カードをなくさない。などなど

しかしながら最近、それだけではでは済まない事柄が相次いで発生しています。


それは、既に複数の自治体で住民票に誤って、個人番号を記載して渡してしまい,

知らせる必要のない第三者へ個人番号が知られてしまったとのこと。
今回、システムは問題なく動作していたようで人的ミスが原因と思われます。

226466


(事例)
 個人番号は省略して住民票を印刷するところを、省略せずに渡してしまった。
 本来であれば自治体の担当者がチェックし、再度マイナンバーの番号を省略して再印刷すべきで、
 操作に慣れていないとはいえ、完全に担当部門のチェック漏れです。

今回の事例では既に第三者へ番号が渡っており、番号自体を再発行するなどの対応が必要かもしれません。

 10月早々、番号自体は発行されたばかり。
連絡や再発行後の番号通知先などは少ないかもしれません。

 しかし、半年後などに同様の事柄が起きた場合、
マイナンバーの番号を変更するために、連絡など対応しなければならない範囲は格段に広がってしまうことは、明らかです。

 その為にも、住所、氏名などを記載する証明書や契約書など個人番号記載が不要な場合には、"番号の記載がない"ことをしっかりと確認する
そのような、自ら行う目視確認が重要になりました。

再発行した場合の対応の多くは、結局は自分で行うことになると思います。
運転免許証やクレジットカード以上に紛失には注意するとともに、
今後は書類等もマイナンバーの番号有無と、そもそも番号の記載が不要な書類には"記載がない"ことの確認を怠らないことが大切です。

 

 ※もう少しマイナンバーの中身をを理解したい方はこちらのページからeBookがダウンロードできます。

 新規CTA


現在、様々なセミナーが開催されていますが、マイナンバーについてこれから準備を進められる企業の方々向けに当社では以下の対策セミナーを開催しております。

『マイナンバー対策講座~実践編~』の詳細を見る



短時間で実践的な対策方法を習得できる数少ないチャンスと思いますので、奮ってご参加下さい。

引き続き当ブログのご愛読、宜しくお願いします。

 

 

Topics: マイナンバー

 

eBook無料配布中!
新規CTA

マイナンバー対策講座
~実践編~

  • 個別相談形式
  • すぐに使えるバインダー付き
  • 随時開催

詳細・お申し込みはコチラ

   

ブログ更新をお知らせします!