マーケティングオートメーション、インバウンドマーケティング等、デジタルマーケティングに関するブログ

BtoB企業のSNS活用のいま(2) | 中小企業のデジタルマーケティング(16)

Posted by 船井マーケティングカレッジ on 2017/03/30 8:50:00

 

BtoBの中堅企業のSNS施策現状は?

FISでは68社の担当に直接取材、

前項に引き続きその実態を調査しました。

 

 

Laptop Work-2.jpg

 

Youtube活用事例

Youtubeを現在活用している企業はIT業5社、製造業7社。

各社工夫を凝らした施策を実施しています。

「社長の年始挨拶、株主総会の様子をまとめた動画チャンネルを持っている」

「○○周年の記念映像を作った。コーポレートページにリンクを貼ったら社員の家族や入社希望

者に好評」

「若手社員のインタビューをリクルートページに」

「オフィス案内動画を作った。社内の様子がわかり、採用担当が積極的に利用している」

「製品の使い方紹介動画のリンクを問い合わせページに貼ったら電話の件数が減った」

「工場見学動画を作った。取引先からも好評」

また自社チャンネルを持つだけでなく、Youtuberに製品PRを依頼している事例もありました。

「自社製品と親和性の高いYoutuberを選定し、依頼した。視聴層にダイレクトに働きかけるので、

かなりの反響があった」

20代までの若年層のメディア利用時間においてネットがテレビを上回った現代、中小企業にも

時流を捉えたマーケティング・広告施策を打つ企業が出始めています。

 

LINE活用事例

BtoBのビジネスとは違う範囲での活用となるのでグラフには反映されていませんが採用・人事部

門が活用している事例が数社ありました。

Facebookが人材募集に使われているのに対し、こちらの目的は主に内定者フォロー。

PCを持たない学生も多い昨今、企業側もそこに合わせた運用を各社模索しています。

また、自社製品の代理店のフォローなどにこれから活用したいと回答した企業がありました。

「Facebookはすでに運用しているが、LINEは商品ごと・地域ごとのグループが作成できる点が

便利。営業の連絡の負担が減らせる。気軽に問い合わせも対応もできるのでおおむね好評」

とのこと。LINEは若い世代と親和性が高いので、20~30代の顧客が多いなら試してみる価値は

あるでしょう。

 

 0323.png

 

BtoB企業にSNSは必要?

やってみたいという声が多い反面、ここだけは実現できていないという企業も多いSNS。

BtoB企業なので業態にそぐわないという意見も多くありました。

しかし「コーポレートサイトへの流入はSNS経由が一番多い」と回答した受託開発がメインのIT

企業もあり、一概にそうとは言い切れない側面も。

「クラウド化がこれだけ進んだ現在、オフィスでPCがなくても仕事はできる。スマートフォンが

メインデバイスの忙しい経営者は多いのではないか。決定権を持つ層に訴求できるコンテンツを

用意し、営業を支援することが現在の最重要ミッション。SNSはスマートフォンにマッチするPR

チャネルなので、これからもさらに力を入れていく」

成功事例を持つ企業からはこんな回答が得られました。

 

 

船井総研ITソリューションズでは、マーケティング・営業活動においてリード獲得や育成にお悩みの方

向けにeBookを配布しております。

▼このようなことにお困りではありませんか??

・新規にリード顧客を獲得できていない

・営業マンの人員が少ない上、効率的な営業活動ができていいない

・Webサイトへのアクセス数を増やしたい

 

▼こんなことが解決できます

・新規リードの獲得が容易に・・・!

・問い合わせから受注に至るまでのステップが簡略化

・効率的な商談・受注のしかた
  

なにから手をつけたらいいのかわからない・・

そのような方、本eBookにはその解決策のヒントがあります!

是非、以下よりダウンロードください。

 

"見込み度合いの高い顧客を増やす秘訣" ~潜在顧客を見える化するには~ ebookダウンロード

 

Topics: デジタルマーケティング, 営業力アップ, デジタルマーケティング白書実態調査2016, Webマーケティング

 


eBook無料配布中!

トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣

デジタルマーケティングeBook

   

ブログ更新をお知らせします!