マーケティングオートメーション、インバウンドマーケティング等、デジタルマーケティングに関するブログ

マーケティングオートメーション活用のセオリー~利用者の声~

Posted by コウキ on 2015/08/11 18:10:19

お客様先で、マーケティングオートメーションの説明をする機会が
増えてきたが、肌感覚として認知度
はまだ低い

しかし、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション社の
調査結果によると、
1,000名以上の企業では、
「内容まで詳しく知っている」が32%と
注目度の高さを示している。


1,000人以上の企業では、
これまでのマーケティング
活動の成果が見えない」や
商談に結び付かないリードが
多い」等の
課題を抱えられている。

マーケティングの課題解決方法はいくつか考えられるが、
「商談に結び付かないリード」を
「商談に結び付けて」そして
「成約率を高める」
これがマーケティングオートメーションの実力である。

matool_img
ある不動産会社では、ツールを導入する事で
ネット経由で獲得した見込み客の成約が
2ヶ月で2倍に
増加した。

本来、マーケティングオートメーションはBtoBのビジネスモデルが
適しているが、住宅・不動産のような「検討期間が長く」
「じっくり検討して決める」商材である為、法人の営業に近く、
これを活用する事で効果も出やすい。
ネットで会員化した顧客リストやイベント・展示会で得た
顧客リストに対して、2~3回は、電話かメールでアプローチしている
住宅・不動産会社が多いが、実はお客様のニーズは、三者三様で、
見たい・知りたいタイミングもそれぞれである。
d4bb2aa2642363875ff795951e57fcaa_l

一方的な電話やメールでは、お客様のタイミングに
合っていない場合が殆どなので、商談に発展しにくい


お客様の「興味や関心」をeBooKや動画等の形にして、お客様の好きなタイミングでこれを取得できるように仕込んでおく・・・
この反応でお客様のカテゴリーが分析できる。
これを何度か実施する事で商談へ進む確率が2倍から3倍に向上する。

f5fe3218397f09d9f87033c91116c505_l
導入された企業の担当者が、
「まずは簡単なシナリオを作成してスモールスタートさせる。
 効果がでてきたら、少しづつ広げていく・・」と
コメントされているお客様が多いのは、おそらくこれが
マーケティングオートメーションツールの活用セオリー
なのだろう。

 

 
※本内容は、先日開催の弊社のセミナーにおける講義内容の一部です。

 同セミナーを9月9日に開催しますので、ご興味ございましたら、
 是非ご参加ください。

 セミナーへの参加申込みは、以下のフォームよりご登録ください。

セミナーの詳細を見る

Topics: ブログ

 


eBook無料配布中!

トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣

デジタルマーケティングeBook

   

ブログ更新をお知らせします!