マーケティングオートメーション、インバウンドマーケティング等、デジタルマーケティングに関するブログ

マーケティングオートメーションツールと営業管理(SFA)・顧客管理システム(CRM)との連携について

Posted by カズキ on 2015/12/03 15:24:45

こんにちは、カズキです。

26fde19616bb4dcf6b2a523162f7428c_l_250.jpg今回は、マーケティングオートメーションツールと他システムの連携について書きたいと思います。

まず、マーケティングオートメーションツールですが、これまで本ブログでもご案内してきました通り、ユーザー毎のウェブサイト上での行動履歴を見える化し、その行動に応じてメールを配信したり、内部で点数をつけ、ユーザーの興味度合いを計測することが可能です。

既に営業管理システムや顧客管理システムを使用していて、商談・営業履歴や問合せ履歴などを管理している場合、ここに、マーケティングオートメーションツールで得られる情報を連携出来れば、商談時に顧客の興味度合いに応じたアプローチが出来たり、マーケティングオートメーションツール側で商談状況に応じて、点数を付けたり、Eメールを配信したりと、様々な営業・マーケティングアプローチが可能になります。

046395_250.gifHubSpot ( ハブスポット )や、マルケト、Pardot、Eloqua等、主要なマーケティングオートメーションツールは、Salesforce等のSFA、CRMシステムとの連携機能が標準で備わっていますので、既に、対応する営業管理システムや顧客管理システムを使用されている場合スムーズな連携が可能です。

また、独自のシステムを使用している場合でも、HubSpot等はAPIによる連携が可能ですので、カスタマイズは必要になりますが、マーケティングオートメーションツールとの連携は可能です。

これまでの顧客情報にウェブサイトの閲覧・行動履歴を付与することで、より顧客のニーズに合った提案が可能になりますので、既に営業管理システムや顧客管理システムを活用している企業の場合、マーケティングオートメーションツールの連携は必須と言っても良いかもしれません。

ちなみに、HubSpotには標準で顧客毎にコメントやログを残せる機能がありますので、簡単な営業・顧客管理が可能です。

もし、ご興味があれば、デモも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

HubSpotのデモを申し込む

 

Topics: hubspot

 


eBook無料配布中!

トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣

デジタルマーケティングeBook

   

ブログ更新をお知らせします!