マーケティングオートメーション、インバウンドマーケティング等、デジタルマーケティングに関するブログ

デジタルマーケティングの5つのステージ| 中小企業のデジタルマーケティング(32)

Posted by 船井マーケティングカレッジ on 2017/07/20 7:45:00

IT・製造業のBtoB中堅・中小企業はこれからのデジタルマーケティング施策を

どのように進めていくべきでしょうか。

FISでは企業68社の担当に直接調査インタビューを行い、多くの企業が悩んでいる課題を

下図にて示しました。

 
Expressions-1.jpg

 

■デジタルマーケティングにおける5つのステージ

各社のマーケティング・営業施策、各部門が持つ課題とデジタルマーケティングへの取組み状況には相互関係があり、概ね5つのステージに大別できます。

Stage1はホームページがあるのみ、デジタル施策はありません。

Stage2はWebのアクセス数を増やすための施策SEO・SEM、その他Web広告などを行っている段階です。

Stage3はアクセス数より一歩進んで、問い合わせ数を目標設定する段階となります。
顧客に響きアクションを引き出す施策、メールマーケティングやe-bookなどの施策を用意します。
そのためには魅力的に感じるコンテンツを顧客目線で用意しなくてはならないでしょう。
普段より顧客を訪問している営業部員と連携することが重要になってきます。

Stage4はマーケティング部門が営業部をツールなどを用いて下支えする素地が整い、両部門が顧客情報を共有し、アポイント率アップのための施策が打てる状態を指します。

Stage5はデジタルツールを活用した営業活動ができるマーケティング・インサイドセールス体制が整っている状態です。またWebの活用だけではなく、顧客データもSFAなどを利用して蓄積・解析ができる状態を指します。

170719ステージ.png  

■デジタルマーケティングの目指すもの

取材を進めている中で
「これからの時代、デジタルマーケティングの必要性は重々認識している、しかし施策が進まない」
といった声を頻繁に耳にしました。

若年層の人口は減り続け、人材獲得競争は激しさを増す一方。

ニッチ業界で新規獲得の施策は必要ないと考えていた企業も、営業・広報・マーケティングのデジタルによる効率化、アウトソーシングや協力企業との連携を意識せざるを得ない状況になりつつあります。

また政府主導の働き改革に端を発する労働時間の短縮、働き盛りの男性に合わせた職場環境を改善し、女性やシニアの活用をすることも多くの企業にとって課題となっています。

デジタルマーケティングはもはや一過性のトレンドではなく、時代を拓く突破口として多くの可能性を持っています。 

 


 

船井総研ITソリューションズでは、マーケティング・営業活動においてリード獲得や育成にお悩みの方向けにeBookを配布しております。

 

▼このようなことにお困りではありませんか??

  • 新規にリード顧客を獲得できていない
  • 営業マンの人員が少ない上、効率的な営業活動ができていいない
  • Webサイトへのアクセス数を増やしたい

 

▼こんなことが解決できます

  • 新規リードの獲得が容易に・・・!
  • 問い合わせから受注に至るまでのステップが簡略化
  • 効率的な商談・受注のしかた
      

なにから手をつけたらいいのかわからない・・

そのような方、本eBookにはその解決策のヒントがあります!

是非、以下よりダウンロードください。

 

"見込み度合いの高い顧客を増やす秘訣" ~潜在顧客を見える化するには~ ebookダウンロード

 

Topics: デジタルマーケティング, 営業力アップ, デジタルマーケティング白書実態調査2016, Webマーケティング

 


eBook無料配布中!

トップ営業に頼らない営業力アップの9つの秘訣

デジタルマーケティングeBook

   

ブログ更新をお知らせします!